Page: 1 / 8 [78件]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [>>次ページ]

2023/01/06

モグラ塚

あけましておめでとうございます。本年も北勢中央公園をよろしくお願い申し上げます。新年早々ニッチなネタですが、本州に住むモグラの仲間(モグラ亜科ニホンモグラ属)には二種類あって、東日本をナワバリとするアズマモグラと西日本を....

2022/12/20

ハゼノキの果実

ハゼノキの果実は、いわゆる櫨蝋(ハゼロウ)を含みます。櫨蝋とは、蝋質つまり脂肪分は、虫などの餌に乏しい冬場には高カロリーなエネルギー源で、越冬する鳥類の貴重な餌資源となります。ハゼノキは鳥にばらまかれて公園のあちこちに勝....

2022/11/08

冬鳥三種

冬鳥がいろいろ来ているよ、とお客さんから教えてもらってはいるのですが、巡回してもなかなかお目にかかれず。。。ずいぶん出遅れましたが、今日ようやく三種を確認。教えてもらったのとは少々ちがいますが、堤防道路のジョウビタキの♀....

2022/10/11

アサギマダラ

公園に「渡りをする蝶」アサギマダラがやって来ました。アサギマダラはマダラチョウ科の大形の立派な蝶で、沢の森のヒヨドリバナの花で吸蜜していました。お隣東員町の公園で、鬼滅の刃にあやかって?フジバカマの花を山ほど植えてから、....

2022/09/30

コムラサキとコサメビタキと…

この頃市場上池と下池の間の堤防道路を歩くと、この秋に羽化した蝶のコムラサキに出会います。春と秋の二回羽化し、翅の表は光線の当たり具合によって、美しい紫色に輝きます。縄張りを見張るために木の少し高いところや、時に地面で美し....

2022/09/05

ツツドリ

先週くらいから公園の桜の木にとけん類の仲間のツツドリがやってきています。きちんと確かめていませんが、3羽ほどいるようです。とけん類というのはホトトギスの仲間の総称で、いわゆる「托卵」、つまりほかの野鳥の巣に卵を産んで、自....

2022/08/16

タカサゴユリの花

また、タカサゴユリの季節がやって来ました。夏になると、高速道路の法面などに繁茂して、侵略的外来種としてすっかり悪役が定着した感があります。しかし、植生の管理をしている者の感覚で言えばさほどの被害はなく、侵略的といってもオ....

2022/07/26

野草の花

いずれも一株、二株ですが、夏の野草の花を見つけました。1.沢の森のヒオウギ株は以前からありましたが、これまで花を見ることはありませんでした。じゃまな常緑樹を伐採して日当たりを良くしたら、この夏になってようやく開花しました....

2022/07/05

ノカンゾウ

公園の湿地の中にノカンゾウの花を見つけました。昨冬にササの刈払いをしたら、地面が明るくなって開花したようです。とはいえ、周りは高茎のイネ科やキク科雑草もわんさか生えているので、放置したらそのうちにまた無くなってしまうでし....

2022/06/28

外来種と貴重種と

「沢の森」に、吸蜜植物として植栽した野草のノアザミの花には、カラスアゲハやモンキアゲハなど大型のアゲハチョウの仲間がよくやってきます。それに混じってこのところほぼ毎日見かけるのが、台湾や中国大陸を原産地とする、外来種の「....

閉じる